月別アーカイブ: 2015年10月

信用情報機関とはなんでしょうか?

消費者金融の審査ではその消費者金融が加盟している信用情報機関からの個人信用情報を最重要視して審査をします。
消費者金融以外の金融機関でもやはり融資の際には同じように審査をします。

信用情報機関は個人信用情報を収集し管理し、加盟企業にその情報を提供することを主な仕事としていますが、日本には主に3つの信用情報機関があります。
それぞれに加盟している企業団体によって、消費者金融系、クレジット会社系、銀行系と分けられていますが、厳密に分けられるわけではありません。
もともとは消費者金融会社が貸し倒れを防ぐために、お互いの持っている情報を共有しようという目的でできたののが信用情報機関の始まりで、現在では3つに増えています。

以前まではそれぞれの信用情報機関は情報の共有をすることはありませんでしたが、現在では一部の情報を3つの信用情報機関が共有していますので、系統の違う金融機関での信用情報がある程度他の金融機関でもわかってしまうということになっています。