心当たりがないのにブラックになることがある

いままであまり問題なく消費者金融から融資を受けられていたのに、急に申し込みをしても融資が受けられなくなった場合には、ブラックリストに記載された可能性があります。
ブラックリストとは信用情報機関の個人信用情報の事故情報の記載を指しますが、いわゆる返済遅延や債務整理などの金融事故の履歴が登録されます。
事故情報に記載されますと、融資の審査に非常に通りにくくなってしまいます。

ただ、ブラックリストに載ってしまうような金融事故を起こしたことを自分で全く気がつかないということは少ないでしょう。
金融事故の心あたりがないのに、ブラックになっていると考えられるときには信用情報機関に情報開示を求めてみることが必要です。
もし、何らかの誤った情報で事故情報に記載されている場合が絶対ないとは言えないので、その場合には信用情報の修正の依頼をしなければなりません。
ブラックリストのマイナスの影響は大きいと言わざるを得ないものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です